無料ブログはココログ

モバイル

2015年12月 3日 (木)

ポラロイド PolaSma買ってみた

コストコでPolaroidのスマフォが安価で売っていたので買ってみた。ただ安いだけでは買うことはなかったと思うがDualSIMというやつが気になって10000円だったこともあり買ってしまった。

polasma

結論から言うと私的にはイマイチです。

イマイチポイント①

質感がチープ。
iPhoneに慣れてしまっているのと軽すぎるのとでだいぶチープに感じます。
画面はそこそこ綺麗だが電源ボタンや音量ボタンは安っぽい。
まぁ安いんですが。

イマイチポイント②

タッチの反応が鈍い。
これもiPhoneに慣れてしまっているのが災いしてかサクサク感ゼロ。
軽いタッチでは無反応、なんか強く押さないと反応しない感じ。
感圧式なのか?と思うくらい。
スペックは調べてないですが、実は感圧式なのかも。

イマイチポイント③

バッテリー意外にもたない。
これもiPhone6plusがバッテリー長持ちだけに触っているとすぐなくなるような印象です。

イマイチポイント④

初めから液晶の保護シートが貼ってあるのですがゴミがちょいちょい入っている。
貼らずに付属品にしてくれたほうが良いかも。
自分はあまり気にしませんが、気になる人は気になるでしょう。

グーなポイント①

大体こんな感じですがandroidスマフォとしては普通に使えますので子供に持たせるとか動けば良いくらいの感覚の人は十分役目を果たすかも。

グーなポイント②

SIMフリー、DualSIM。
MVNOなど使えば安価にスマホが持てます。

こんな感じ。

肝心のDualSIMは想像していたのと違って同時2枚のSIMが使えるものかと思っていたら切り替えが必要。
リサーチ不足でしたが自分的には、音声はSIM1、データはSIM2みたいに切り替え無しで使えるのかと思っていたので、切り替えが面倒で一気に使う気が無くなってしまいました。
切り替えに10秒くらいかかるのがちょっと使いづらい。
画面が馬鹿でかいとかなら電子書籍リーダーなどに転用できますが使い道がなさそう。
子供にあげてiPadを返してもらおうかな。

2015年10月29日 (木)

b-mobile 高速定額SIM 半年くらい使った感想

SIMフリーiPhone6plus+b-mobileの高速定額SIMで暫く利用した感想を同様のSIMを検討している方の参考になればと思いまして、いくつか述べたい。

導入前に最後までplalaの定額SIMと迷ったのだがすでにb-mobileのSIMを利用しているという理由でb-mobileにしましたが、最近いろいろなMVNOサービスが出てきたこともあり再検討の意味でもb-mobileの良い部分やダメな部分をあげたい。

前提条件としてはiPhone6plusとの組み合わせ。

良かったところ

・他社にも同様のサービスはあるが定額
気分的に良い。
・導入当初は?な部分があったが、この価格ならまずまず満足できる速度。

・ビットレートを下げればYoutubeが途切れなく見れる。
自分の場合は車での移動中の暇つぶしにYoutubeを見る?聞くことが多いので良い。
・テザリングでは結構速度がでる。
ストリーミングは何か制限がかけられている可能性があるが、通常のブラウズで遅いと感じる事はあまりない。

悪い、ダメなところ。

・とは言え、自宅にはWiFiがあり外出時のiPhone6のモバイル通信だけで7G超えることはあまりない。
(テザリングを頻繁に使えばすぐ超える。)
・ストリーミングが速度がでないのでYoutubeは兎も角、Amazon Videoを見れない。
・7G超えない時は割高に感じる。
テザリングを使わなければ3Gくらいまで高速なもっと安価なサービスで良いかも。
・改善したとはいえ時間帯により速度差が激しい。
ここは田舎なので大した事はないですが都心部ではもっと激しいかもです。

大体こんな感じです。
私の場合は外出先でテザリングを使用するため、なかなか他のサービスに移れないのですが7G制限のない高速定額は家にネット環境がない人にはお勧めです。

ちなみにテザリング時のタスクマネージャーのWiFiの通信速度は平均1~2MBps。一時的に遅くなる事はあるがブラウズは結構快適です。

tm
(テザリングでGooglePhotoを閲覧したときのWiFiのモニター)

ちなみにiPhoneでのほとんどの操作で回線速度による問題はないです。Lineの無料通話も大丈夫です。

b-mobile 高速定額 月額 データ通信 micro SIM BM-HADM

月額2000円程度なので他のサービスに乗り換えるにしても劇的に安くなることはないのでもうしばらく使ってみて、また再度検討したいと思います。

2015年6月30日 (火)

iPhone6plus SIMフリー版を購入

少し前の話であるがiPhone6plusのsimフリー版をapple storeで購入した。
5sでも良かったのだがカメラ性能が向上しているというのでこちらにしたのだ。
現在はbmobileの高速定額simでデータ通信のみで運用している。
購入したのは、とくに海外へ行く事が多いという理由ではない。

ip6p

購入したものは128GBモデルでapple careにも登録したので価格は14万弱、結構高い。
とはいえ一昔前のノートPCやさらに昔のラップトップPCに比べれば十分安いのではないか。
たとえばキャリアで購入時0円で済ませたとしても2年縛りの間の割賦払いで同じような金額を払う羽目になる。
しかも2年で割引が再契約になるとかで乗り換えや解約月を間違えたり逃すと余分に何か違約金的なものを支払うことになる。
とんでもない話である。

自分の場合は音声通話に関してはSoftbankのガラケー。
今後もこのガラケーを嫌がらせのように使い続けたい。
ガラケーが設備とかの問題で使えなくなる頃にはIP電話にNMP出来るようになっている事を祈るばかりだ。

このような構成で毎月の利用料は通話をあまりしないandよく通話をする相手がsotfbank携帯なのであまり通話料が発生せず、2000円/月以下で済んでいる。

iPhoneの話に戻るとデータ通信用のsimの料金が月約2000円なので本体代を2年で割ると約5800円。
通信料と足して約8000円、プラスガラケー2000円でそう合計1万円。
消して安くは無い。むしろキャリアのiPhoneなどを賢く使えば安く済むだろう。
しかしキャリアに縛られないので精神的に良いのと、仕事で手帳・テザリングに利用する、自作アプリのデバッグ環境に、更にはデジカメ、ビデオカメラの代わりと考え自分なりに納得している。

今後はキャリア販売のものもsimロック解除できるようになるらしいし、さらに2年縛りという制度や通信料制限というのがなくなればわざわざ割高な構成を選ばずに済むのだが、そのようになる事を祈るばかりだ。
そして更にデータ通信量が増して・・・制限がかかると・・・

最後にbMobile高速定額simでの運用について

  • テザリングは問題なくできる
    PCでメールやwebを閲覧する程度なら難なくできる
  • youtubeも高画質でなければ視聴できるし制限無いのでいくら見ても大丈夫
    youtube以外で遅いと感じたことは無い。
  • 自分の使い方だと月10GB~15GB程度。
    (半分youtube、半分テザリング、他の通信は微量)、 自宅ではwi-fiなので自宅圏内に居るときはモバイルデータ通信は発生しない。
  • 高速というほど高速ではないが制限が無いというだけで気にする必要がないので気分的に楽
  • LTEエリア外になると遅い
  • pingが遅いのは契約当初よりはいくらか改善された。

以上、参考になれば。

2015年5月16日 (土)

iphone4のバッテリー交換 その後

交換前はバッテリーの残量が、80%から一気に50%台になったり、変な挙動だったが交換後は正常にリニアな感じで残量が減るようになった。
バッテリーのモチという面では以前よりはだいぶ改善したが、もともとバッテリーのモチは良くないと思われ、普通の使い方で、もって1日。
ヘビーに使うと1日はもたないだろう。

今回購入したものは、一応純正らしいので、電気的な不具合はないだろうと思う、というか思いたい。
中国製の粗悪品や再生品などで爆発とかしたら大変なので交換を検討している方は、信頼性のあるものを選択して頂きたい。

2015年5月 5日 (火)

iPhone4sのバッテリー交換

私用のiPhone4Sのバッテリーが怪しくなってきたので交換してみた。
交換するにはiPhone4Sを分解する必要があるのでやってみようという方は自己責任でお願いしたい。
必要なものは交換用のバッテリーと専用工具である。
バッテリー、工具共にamazon等で購入することが出来る。
私の場合、工具はすでに持っておりバッテリーのみ購入した。
Apple 純正 日本仕様 iPhone 専用 純正 交換 互換 バッテリー 電池パック バルク品 (IPhone4S) [並行輸入品]
以前、同じようなものを購入したとき、新品と謳っておきながら再生品が届いたことがあったので今回は新調にレビューなど確認してから購入。
届いたものがコレ↓
DSC_4139DSC_4140
見た感じは新品っぽい。

それでは交換。
まず電源をOFFしSIMカードを取り出す。
詳しい交換方法はそれ系のwebを参照して頂きたい。
DSC_4142DSC_4143
専用工具を使いふたを開け、バッテリーを取り外す。
iPadみたいに両面テープでがっちりパネルが貼り付けられたりしてないので簡単だ。
ただし、バッテリーは両面テープ。
あとネジがかなり小さいので注意。
飛んでいったら絶対見つからないサイズだ。
DSC_4144
新しいバッテリーを取り付け、ふたを閉めたら完了。
DSC_4137
バッテリーが空だったようで、初め電源が入らず焦ったが数分後に起動することができた。
交換前はバッテリーの残量が一気に減ったりする事があったが、その症状は解消したので交換は成功したようだ。
充電が完了したらどれくらいもつか試して見たいと思います。

2015年3月17日 (火)

bmobileの高速定額SIMが調子いい

契約当初、遅くとも1Mbps程度の通信速度を期待していたのだが100kbps~10Mbpsと通信速度の変化が激しくこんな様子では別のキャリアに乗り換えを検討しかけていたのだが、ここ最近速度が安定して1Mbps出ていて調子が良い。
以前は日中はかなりの頻度で100~200kbpsになりYoutubeなどの視聴はできない状態だったが、そこそこの画質であれば見れるようになった。
とりあえず今の時間帯では

SPEED 2.5 (speed.rbbtoday.com)
計測日時 : 2015年3月17日火曜日 10時06分34秒
下り(ISP→PC): 5.3Mbps
上り(PC→ISP): 3.49Mbps

SPEED 2.5 (speed.rbbtoday.com)
計測日時 : 2015年3月17日火曜日 10時07分27秒
下り(ISP→PC): 6.22Mbps
上り(PC→ISP): 3.35Mbps

こんな感じである。

これくらいの速度で安定して利用できれば、pingが遅いというのは変わらないが私の利用用途では十分使える範囲である。plalaのサービスを検討していたのだがしばらく様子見することにします。

2015年1月23日 (金)

b-mobileの高速定額SIM

表題のSIMを購入した。
ネットで色々言われているb-mobileをチョイスした理由は、すでにb-mobileの格安SIM+音声を利用していたのと、出先でPCからネットを利用したい為である。
DSC_4021
最終的にはSIMフリーのiPhoneで利用するつもりであるが、とりあえず以前使用していたモバイルルーターに突っ込んでみた。

実際に使用した感想はというとネットで言われている通り速度のアップダウンが激しい。
自分の利用方法だと妥協できるレベルであるが、遅いときはRBBのスピードテストでは100kbps程度しか出ていないようである。
とは言えYoutubeなどの低画質であればそこそこ見れるので自分の場合はちょっと様子見といった感じ。

適当に何回かRBBで測定したスピードテストの結果を貼っておくので参考にどうぞ。
測定場所は埼玉県北部の住宅街です。

SPEED 2.5 (speed.rbbtoday.com)
計測日時 : 2015年1月23日金曜日 02時53分31秒
下り(ISP→PC): 16.7Mbps
上り(PC→ISP): 12.62Mbps

SPEED 2.5 (speed.rbbtoday.com)
計測日時 : 2015年1月23日金曜日 14時06分31秒
下り(ISP→PC): 3.41Mbps
上り(PC→ISP): 2.51Mbps

SPEED 2.5 (speed.rbbtoday.com)
計測日時 : 2015年1月23日金曜日 21時56分55秒
下り(ISP→PC): 2.07Mbps
上り(PC→ISP): 425kbps

SPEED 2.5 (speed.rbbtoday.com)
計測日時 : 2015年1月23日金曜日 22時01分29秒
下り(ISP→PC): 133kbps
上り(PC→ISP): 72kbps

SPEED 2.5 (speed.rbbtoday.com)
計測日時 : 2015年1月23日金曜日 22時02分52秒
下り(ISP→PC): 1.8Mbps
上り(PC→ISP): 447kbps

SPEED 2.5 (speed.rbbtoday.com)
計測日時 : 2015年1月23日金曜日 22時03分43秒
下り(ISP→PC): 748kbps
上り(PC→ISP): 23kbps

SPEED 2.5 (speed.rbbtoday.com)
計測日時 : 2015年1月23日金曜日 22時04分53秒
下り(ISP→PC): 131kbps
上り(PC→ISP): 168kbps

SPEED 2.5 (speed.rbbtoday.com)
計測日時 : 2015年1月23日金曜日 22時06分27秒
下り(ISP→PC): 101kbps
上り(PC→ISP): 14kbps

SPEED 2.5 (speed.rbbtoday.com)
計測日時 : 2015年1月23日金曜日 22時07分41秒
下り(ISP→PC): 219kbps
上り(PC→ISP): 68kbps

SPEED 2.5 (speed.rbbtoday.com)
計測日時 : 2015年1月23日金曜日 22時09分02秒
下り(ISP→PC): 552kbps
上り(PC→ISP): 73kbps

SPEED 2.5 (speed.rbbtoday.com)
計測日時 : 2015年1月23日金曜日 22時10分49秒
下り(ISP→PC): 169kbps
上り(PC→ISP): 103kbps

SPEED 2.5 (speed.rbbtoday.com)
計測日時 : 2015年1月24日土曜日 00時42分03秒
下り(ISP→PC): 1.39Mbps
上り(PC→ISP): 96kbps

SPEED 2.5 (speed.rbbtoday.com)
計測日時 : 2015年1月24日土曜日 00時44分48秒
下り(ISP→PC): 809kbps
上り(PC→ISP): 418kbps

SPEED 2.5 (speed.rbbtoday.com)
計測日時 : 2015年1月24日土曜日 00時46分33秒
下り(ISP→PC): 4.03Mbps
上り(PC→ISP): 269kbps

SPEED 2.5 (speed.rbbtoday.com)
計測日時 : 2015年1月24日土曜日 00時49分51秒
下り(ISP→PC): 87kbps
上り(PC→ISP): 599kbps

SPEED 2.5 (speed.rbbtoday.com)
計測日時 : 2015年1月24日土曜日 00時52分15秒
下り(ISP→PC): 158kbps
上り(PC→ISP): 250kbps

SPEED 2.5 (speed.rbbtoday.com)
計測日時 : 2015年1月24日土曜日 00時54分19秒
下り(ISP→PC): 1.36Mbps
上り(PC→ISP): 808kbps

2013年12月20日 (金)

Google playプリペイトカードを使ってみる

早速購入してみました。
基本はappleや他のものと変わりはありません。カードに記載されたコードを入力することでお金をチャージする感じになります。

R0010906R0010907
裏面の銀色っぽい部分をはがすとコードが現れます。

コードを入れるにはGooglePlayを開き、コードの利用を選択。
R0010908
カードに記載されたコードを入力
R0010909
ウォレットがどーたら聞かれるので適当に入力し次へ進む。
無事3000円チャージできました。
R0010912

いままでandroid端末については無料のアプリしかインストールしたことが無かったけれど、これからは手軽に有料アプリも購入することができるようになりました。
クレジットカードを登録したくない人にはお勧め!しかし現状は残高の確認がWebのみ?なのが少し面倒。appleみたいに簡単に残高が確認できるように改善して欲しいです。

なにはともあれ有料アプリが購入できるようになったので第一弾としてNexus7にDSLR Controlerというア有料アプリを入れてEosKissX7iをandroid端末から制御できるようにしたいと思います。

2013年7月 5日 (金)

モバイル通信(SIM)について

みなさん、パケ代高いと思いませんか?
4000円超のパケ代に満足してるのでしょうか。
年に換算すれば結構なものです。

最近ではいろいろな形態のSIMが存在しているようで、自分に最適なモバイル通信用のSIMを選べるようになった。
私は現在イオンの980円SIMをiPhoneに突っ込んで使用しているのですがやはり遅い。
自分の利用シーンでは家と会社はWiFiが使えるので150kbpsのプランXAでも、一日の大半は問題ない。しかし外出などしてここぞと言うときに遅いというのは結構ストレスがたまるものだ。
テザリングもできるが遅すぎて使う気にならない。
料金が安いので妥協はできるのだが速いに越したことはない、ということでもっと良いSIMはないかと検討してみました。

あくまで私の利用形態の場合ですので、他の人には合致しないと思われます。

自分の場合の選択枝しては、新規に契約手数料がかかるものは検討外、対象外とします。
というわけで現状のイオンSIMの契約コース変更か、初期費用の掛からないものとなります。

1.現状のイオンSIMのままだと、月2980円のプランXBに変更すれば400kbpsとなる。
2.もしくは1Gまで高速通信のできる月額定額1980にすれば1Gまでは速度制限なし。

1は割安感は感じないが2は価格的にも許せる範囲。

これ以外では初期費用の掛からないプリペイトプランのようなタイプ。
たとえば300kbpsだがb mobileのSIM U300 12ケ月29800円(約2500円/月)のようなやつ。
他には120日で上限が1Gまでとかいろいろあるが、軒並み月に換算すると2000〜2500円くらいであろうか。
データ通信料の総量に上限があるタイプは期限にならなくてもデータ量が上限に達すると使えなくなるので注意だ。逆に使っても使わなくても期限が来れば使えなくなる。
うまくできているものだ。
パケあたりの単価はどれも同じようなものだろうと思う。

http://ma-bank.net/word/92/

を参照し、いろいろ検討した結果、自分の場合だとイオンSIMのままで月額定額1980コースに変えるのが今の利用形態では最適であると思える。

何しろ、メールとメタトレーダ以外にはしょうもないパケしか流れてないので基本150kbpsでも困ることはない。
twitterやfacebookは無くても死なない。

というわけでしばらくはこのまま。
利用する頻度が増えたら月額定額1980コースって感じでしょうか。

2013年4月30日 (火)

イオンSIMでiphone4

先日SIMロックを解除したiPhone4にさっそくイオンの980円SIMを突っ込んでみた。
とりあえずiPhoneを初期化しアクティベーション。
SoftbankのSIMを外してしまったのでWiFiにてアクティベーションを行った。

iphone1

そしてイオンSIMのAP設定を行う。

iphone_apiphone_aeon

設定はすんなり完了し、いよいよDoCoMo回線でiPhoneを使用できる様態になった。
キャリアの部分はNTT DoCoMoと自動で認識。
右上の電波状態の表示圏外となっているがデータ通信はOK。

設定の類はiCloudのバックアップから復元して通話が使えない事以外はほぼ元の状態になった。

ちょっと使った感じではさすがに遅いが、twitterやfacebookならなんとか使えるレベル。
sbiのアプリやmt4も多少待たされるが実用範囲である。

skypeは結構途切れるがなんとか使える。
ただし、相手がいらいらするかもしれない。

あとテザリングもできるようになったので、現状ではメールくらいしか使えそうにないがSIMの契約をもう一段階速いコースに変えればPCからもいろいろな用途に使えるかもしれない。

しばらく3Gの普通携帯とこのiPhoneを2台持ちする予定です。

ちなみにsoftbankのお店で事務手数料をナンボか取れてましたがSIMは3Gの普通のSIMに交換してもらえました。

より以前の記事一覧

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31