無料ブログはココログ

携帯・デジカメ

2015年12月 6日 (日)

Lumix-G7で動画撮影テスト

仕事で地元から車で30分くらいのところにある長瀞を通る予定だったので少し早めに家を出てLumixG7での動作撮影テストを行った。
一応比較のためにNikon1V1でもパンケーキレンズ10mm/f2.8を取り付けて撮影。
時間が無く適当に撮ったので設定など細かくしていないが参考に。

http://k2-y.com:8001/clipbucket/watch_video.php?v=2GRN2OG5GD9G

https://www.youtube.com/watch?v=vzTmXZ3Iw7g

2015年11月29日 (日)

Nikon1 + GPS

Nikon1で使用できるGPSユニットを入手した。
GP-N100-1C
GP-N100
Nikon1 vシリーズのアクセサリーシューに取り付けられるタイプ。
私の場合はv1につけている。

GP-N100-2CGP-N100-3C

アクセサリーシューを占有してしまうのはいただけないが、お出かけお散歩カメラとしては、GPS情報が付加されると後々面白い。
コンデジよりちょっと大きいのでお手軽さはどうかと思いますが、この組み合わせか10mm/f2.8の組み合わせで使うことが多いです。

実際の使い勝手としてGPS衛星の補足は以外に早く、戸建てなら室内でもGPS補足します。
当方田舎ですが野外なら早くて10秒、遅くても30秒程度で補足します。

Google+などに画像をアップすると地図上にマークが出てどこで撮影したかすぐにわかるところが良いですね。
もっともiPhone等スマホとかでも出来そうですが。

残念な部分はニコンの一眼は別のGPSユニットみたいで共用できない、V3はファインダーを付けるとGPS付けられない。
また、私は外部マイクを使うこともあるのでGPSユニットと併用できないので脱着が面倒。

V1はバッテリーの持ちが良いのでGPS付けててもあまり充電を気にしなくても良いところがV1でもアドバンテージですかね。

撮影サンプル(Nikon1 V1)
nagatoro
あいにくの曇り空でしたがLumixG7の動画テストの為に、やや地元の埼玉県長瀞町の荒川河川敷の岩だたみのところへ行ってきました。
10年くらい前のクリスマス、サラ・ブライトマンが来たところです。
クリスマスの夜は寒かったろーなー。

朝早かったせいか観光客もポツリポツリ。
ライン下りもまだ営業してませんでしたので動画の撮影は楽チン。

ちょっとしたサンプル
google.com/+1972k2y

2015年11月 7日 (土)

Linux G7でスポーツ撮影

先日Limux DMC-G7にて姪の部活動のテニスの撮影を行った。
主に使用したレンズは中古で購入した100-300mmの
LUMIX G VARIO 100-300mm/F4.0-5.6/MEGA O.I.S. H-FS100300
である。
これだとちょっと引きの写真から上半身のアップくらいの画角をカバーできます。
ネットの評価ではネガティブな情報が多かっただけに心配だったが、ことのほか良い感じだった。
屋外の晴れた環境では望遠端のF5.6も特に問題なく常に1/500以上のシャッター速度を確保することができた。
それと一番懸念していたAF、合焦速度もテニスくらいの動きではいろいろなAF方式を試したが心配する程の事もなく歩留まりもよかった。
さすがに300mm(換算600mm)は強力でテニスコートくらいの広さ距離なら離れていたとしてもせいぜい30メートル程度なのですべてをカバーできる。
それよりか金網が邪魔で仕方なかった。
手ぶれ補正もまずまず十分効いている印象である。

人がばっちり写っているので、なかなか写真を掲載する事ができないが参考までに柵の外から反対側のコートの後衛の女子のラケットの柄の部分のメーカーロゴの部分を等倍で切り出したものを掲載します。
対象までの距離は25メートルくらいでしょうか。
金網があるので大変しんどいです。

ISO-200 f6.3 1/1000 35mm換算376mm
P1000047
鳥の頭位の大きさでしょうか。この写真は女子の全身が写るようにしているので376mmですが600mmで撮れば相対的にもっとシャープになると思われます。

一眼に比べれば小型でコンパクトだし、これならNikon1要らないかもと思わせる一日であったが、どうもパナソニックの絵作りが気に入らない、悪くはないが気に入らない。

RAWから現像すれば多少は良くなるもののSILKYPIXの使い方がいまいちわからないので私の好みの感じにする事はできなかった。

なんとも表しようがないがNikon1とD600に慣れ親しんでいるせいが違和感がある。RX100よりなんか違和感が大きい。まぁ慣れの問題なのかも。

というわけで暫くは200mm以上の画角はこいつの出番となると思われる。
次回撮影機会があれば今度は4K Photoを試したいと思います。

2015年11月 2日 (月)

再びNikon1 J5かV3か?

他に魅力的なカメラは色々あるが、ここにきて再びNikon1に対する物欲が増しつつある。
先日LumixのG7を購入したがマウントをNikonで絞ろうという事もあり再びNikon1を検討している。
G7はビデオカメラとして使用する事には変わりないが、EosX7でも大きいというので新たにコンデジを買い与え妻用のEOSとEFマウントレンズを売却し売却益でNikon1を購入しようという構想である。
妻用のコンデジについては子供が幼稚園に入園するまではiPhoneで良いというのでそれまでは保留。
なぜNikon1かというと、簡単に言えばD600用のFマウントのレンズが高くて買えないってのとやはり子供のようなちょこまか動く被写体にはNikon1が最適だろうという理由である。
理想的にはD600用のレンズをある程度買い揃えたいところが、素人のちょっとした趣味にはNikonのレンズは高すぎる。
D3xxxやD5xxxなどの比較的安価なDX機はD600がある以上検討外、あまりメリットがない。
CXマウントのレンズが何本かあるしJ5の性能がなかなか良いという事もある。

自分的にNikon1の位置づけは主に子供撮影用、特に外出時が重要。
小型でお手軽にだ。
RX100M2は動画も静止画も綺麗に撮れるが起動もAFも、撮影後の処理中・・・も遅い。それにデリケートだ。

iPhoneでも同様になかなか撮影できる状態までいかないしストラップも付けられないので落としそう。

1人で出かけるときは兎も角、子供連れの時は小型である事が重要で、やっぱりサクサク撮れないと撮影機会も減ってしまうしシャッターチャンスも逃してしまう。

その点、鳥撮りだけでなくこのような用途でもNikon1は最適解だと思っている。

V1がまだ手元にあるので18.5mmレンズを付けて持っていくことがありそこそこ満足であるが、最新の機器には自分の欲する機能があるので決別しかけていたNikon1を再度購入検討することになった訳である。

新しいNikon1で自分が一番欲しいと思った部分は、好感度でも連射性能の向上でもない。
動画撮影中のスナップである。

この点、V1はちょっと弱い。
V1はオマケ程度で個々にはまずまず十分であるが同時だと動画はビデオカメラに、写真はカメラに負けるのでどちらかを諦める必要があり、それならビデオは諦めてD600やEOSでって事になってしまう。

が、本当はできるだけ綺麗な画質でビデオも撮りたいし写真も撮りたいのだ。
しかし手荷物はなるべく減らしたいので2台持ちはつらい。
まだ細かい部分は調査しきれていないが、V3,J5共に動画撮影中に高画質なスナップ撮影することができる。
1人でも高画質な動画と静止画の撮影をすることができるのだ。

注意すべき点は動画撮影時間が短いところ。
が、長時間連続で動画を撮ることはないので自分の用途ではOK。
動画撮影時の熱による保護機能が気になるところではあるが、出来ると出来ないでは大違い。

一人で子供の面倒を見ながらD600とビデオカメラを持ち歩くなんてことは不可能なので、そこそこ十分な画質でこれが実現できるだけで撮影の幅が広がる。

ちなみにG7では時間で撮影が一時的にストップしたりバッテリーを交換したりで完全に連続ではないが、何時間続けて撮影しても熱による撮影の停止はありませんでした。

しかしお手軽という点ではNikon1にアドバンテージがあると思います。

現在所有しているNikon1の資源は10mmと18.5mm、そしてFT1。専用ではないがNikonのガンマイクME-1。
一応検討対象はJ5の標準パワーズームレンズキットかV3のプレミアムキット。
V3の標準パワーズームレンズキットなら価格帯がほぼ同じなのだがV3にするならEVFが欲しいのでグリップはいらないがプレミアムキットとした。
単品で買うとかなり割高になってしまう。

それそれ良い点は
J5は好感度性能が増したこと一点に尽きる。

V3はファインダーとメカニカルシャッター、リモコンが使えシューがありマイク端子がある、パスト連射もか。

その他の性能はほぼ変わらないので好感度時の画質を取るか拡張性を取るかである。

一応、FT1を使っての撮影という事もできるのでV3の方がトータルとしての利用幅は広がると思われる。
Nikonの一眼と絡めるとV3の方がいろいろできることが広がるが、それもお金しだい。

なかなか簡単に決められるものではないのでEosX7+レンズ類の売却まで検討したいと思う。

Nikon ミラーレス一眼 Nikon1 J5 ダブルレンズキット シルバー J5WLKSL
Nikon ミラーレス一眼Nikon 1 V3 プレミアムキット ブラック

2015年10月29日 (木)

b-mobile 高速定額SIM 半年くらい使った感想

SIMフリーiPhone6plus+b-mobileの高速定額SIMで暫く利用した感想を同様のSIMを検討している方の参考になればと思いまして、いくつか述べたい。

導入前に最後までplalaの定額SIMと迷ったのだがすでにb-mobileのSIMを利用しているという理由でb-mobileにしましたが、最近いろいろなMVNOサービスが出てきたこともあり再検討の意味でもb-mobileの良い部分やダメな部分をあげたい。

前提条件としてはiPhone6plusとの組み合わせ。

良かったところ

・他社にも同様のサービスはあるが定額
気分的に良い。
・導入当初は?な部分があったが、この価格ならまずまず満足できる速度。

・ビットレートを下げればYoutubeが途切れなく見れる。
自分の場合は車での移動中の暇つぶしにYoutubeを見る?聞くことが多いので良い。
・テザリングでは結構速度がでる。
ストリーミングは何か制限がかけられている可能性があるが、通常のブラウズで遅いと感じる事はあまりない。

悪い、ダメなところ。

・とは言え、自宅にはWiFiがあり外出時のiPhone6のモバイル通信だけで7G超えることはあまりない。
(テザリングを頻繁に使えばすぐ超える。)
・ストリーミングが速度がでないのでYoutubeは兎も角、Amazon Videoを見れない。
・7G超えない時は割高に感じる。
テザリングを使わなければ3Gくらいまで高速なもっと安価なサービスで良いかも。
・改善したとはいえ時間帯により速度差が激しい。
ここは田舎なので大した事はないですが都心部ではもっと激しいかもです。

大体こんな感じです。
私の場合は外出先でテザリングを使用するため、なかなか他のサービスに移れないのですが7G制限のない高速定額は家にネット環境がない人にはお勧めです。

ちなみにテザリング時のタスクマネージャーのWiFiの通信速度は平均1~2MBps。一時的に遅くなる事はあるがブラウズは結構快適です。

tm
(テザリングでGooglePhotoを閲覧したときのWiFiのモニター)

ちなみにiPhoneでのほとんどの操作で回線速度による問題はないです。Lineの無料通話も大丈夫です。

b-mobile 高速定額 月額 データ通信 micro SIM BM-HADM

月額2000円程度なので他のサービスに乗り換えるにしても劇的に安くなることはないのでもうしばらく使ってみて、また再度検討したいと思います。

2015年10月13日 (火)

Lumix DMC-G7とEOS kiss X7望遠比較

手持ちの機材の範囲での比較だが最近導入したLimux DMC-G7(以下G7)と今まで甥と姪の部活動撮影にメインに使用してきたEOS Kiss X7(以下X7)との望遠撮影の比較をしてみた。
新モデルと旧モデルということで価格的にはG7が倍近い価格ではあるが、だいたい大体競合モデルだと思われます。
使用する機材は
G7についてはキットレンズのLUMIX G VARIO 14-140mm / F3.5-5.6 ASPH. / POWER O.I.S.と、新たに中古で購入した安価な望遠レンズ
LUMIX G VARIO 100-300mm/F4.0-5.6/MEGA O.I.S.である。
対するX7はいつも使っているSIGMAのAPO 70-200mm f2.8(手振れ補正なし)+2倍テレコン。
撮影jpeg撮って出し。
公正を期するため三脚に固定し、2秒タイマーにて行った。
天候は快晴。AM11:00頃。
10mほど離れている木の葉っぱを撮ってみた。

まずはG7 140mmテレ端。(換算280mm)
G7-140mm
そして300mmテレ端。(換算600mm)
G7-300mm
LUMIX G VARIO 100-300mm/F4.0-5.6/MEGA O.I.S.はネットの評判ではテレ端側が甘いとか言われていたのであまり過剰な期待はしていなかったが結構良い。
価格を考えれば私的には十分な範囲。
次はX7
200mmテレ端。(換算320mm)
X7-200mm
x2テレコン400mm。(換算640mm)
X7-200x2mm
さすがにテレコンを付けると少し劣化?した。
G7 300mmは葉っぱの筋がよく確認できるのに対しX7 200mmx2はモヤった感じ。

次の画像は中心付近を切り出したものです。
G7
G7-140mmG7-300mm
X7
X7-200mmX7-200x2mm

結論としてG7の方が私の所有しているレンズの範囲では良い結果となりました。
X7の結果が思わしくなかったのはおそらくレンズ性能によるものだと思います。
比較したSIGMA製のレンズが古いものなので最近のモデルを使用した場合は結果が変わってくるかもです。
これでG7の動体AFが頑張ってくれればスポーツ撮影用として期待できるのですが、いかがでしょう。
次回はその辺も検証してみたいと思います。

2015年9月28日 (月)

Linux DMC-g7H 開封そして外観を見る

先日購入したLinuxDMC-G7H、すばらく忙しくブログに書けずにいたが開封した様子をアップしたいと思います。
23
見た目は今までのLumixGシリーズと比較すると直線を基調としたデザインで角ばっています。
質感はプラスティック感がハンパ無いですがこのカメラに質感を求めないのと軽いので良しとします。
しかし価格の割には安っぽい感が否めません。
ただキットレンズのLUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S.の単体購入価格を考えると割安感もあります。
Panasonic マイクロフォーサーズ用 交換レンズ LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S. ブラック H-FS14140-KA

カメラは非常に軽くキットレンズを取り付けても実測670グラム程度、ちょうどCanonEosKissX7に標準ズームと取り付けたものと同じ質量でした。
大きさも同じくらい。

456

写真は14mm F2.5の単焦点レンズですがミラーレスだけあって薄い。
凹凸があるのでさすがにポケットには入らないけど気軽に持ち出せるサイズ。
EosKissX7の標準ズームレンズが大きく見える。

まだ使い込んでないので分かりませんがオートフォーカスの速度は感覚的にはX7やNikon1 V1と比較しても差は無いように感じます。
厳密に測らなければ分からない程度遅いのかもですが、スポーツ撮影にも使えそうな感覚。
あとはAFの精度の問題かな。
4K動画や4KPhotoはまだ使用していないので、また多少使い込んだらレポートしたいと思います。

2015年7月28日 (火)

3軸電子制御カメラスタビライザー テスト

近所の公園にて3軸電子制御カメラスタビライザー(以下スタビ)のテスト撮影を行った。
前半はスタビ+iPhone4s、後半は比較用の小型の三脚+SONY RX100M2である。

スーツに革靴という事もあり、しかもめちゃくちゃ暑くてダルかった事もあり、上下動が結構激しかったようで映像にそれが表れている。
歩き方を改善すればもう少しスムーズな動画になると思われる。
一方、RX100M2は手振れ補正をONにしているにも関わらず結構ブレブレ。
見るに耐えないレベルだ。

それだけこのスタビが強力であるという事か。

youtubeにテスト動画をアップしました。
下手な編集ですが参考にどうぞ。

 

image
場所は近所の公園

Youtube
https://www.youtube.com/watch?v=ohNNkxdwF_c

テスト動画サーバー(clipbucket)
http://k2-y.com:8001/clipbucket/watch_video.php?v=777B5358G191#

2015年7月25日 (土)

Nikon1 V1の処遇

Lumix DMC-G7を購入したため売却検討しているNikon1 V1であるが現在Nikon1関連の機器類はすでに売却を進めており手元にあるのは
  • Nikon1 V1ボディ
  • 18.5mm f1.8
  • 10mm f2.8
  • FT1
の4点のみだ。
J3や標準キットレンズなどはすでに売却済みである。
V1等を売却する前に比較のため一通り撮影テストを行う予定だが、その後どうするか。
すべて売却する?ボディだけ残す?レンズだけ残す?
V1はD600とバッテリーが共通であるため色々サブ機として使えそうなのだがG7を買ってしまった今となっては使用頻度も極端に減るだろうし悩ましいところである。
さらにFT1があるのでFマウントのレンズが使えるという面でも悩ましい。
しかし悩んでいても埒があかないので売却する理由と手元に残す理由を考えてみることにした。
売る場合のメリット
  • 多少なりともG7等のオプション購入の資金になる
  • 思い切ってマウントを減らして今後の物欲を抑え別のものの購入資金にする
  • 部屋が片付くしNikon1に対して諦めがつく
手元に残す場合
  • D600のサブ機になる
  • Fマウントのレンズが使え望遠用として使える
  • 購入するかは置いといてV4等新機種が出たとき使用できる
  • 動画撮影性能は結構良いので引き続き使う
どちらも決定打に欠けるが、どちらのメリットが私にとって有益かだ。
最終判断は撮影テスト後にしたいと思います。
---2015/8/25追記---
Nikonよりフルサイズ対応のレンズとしては価格が抑え目な200-500mmのレンズが発売発表されたためNikon1 V1の売却を再検討。
Nikon 望遠ズームレンズ AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR
D600で使える200mm以上の望遠レンズを持っていないのでおそらく将来購入するだろうと思う。
V1+200-500mmでは540-1350mmとなる。
今度Vシリーズは価格が高く設定されると予想されホイホイと買えないのと、J5+FT1で大きな望遠レンズ使えないとの情報もありJシリーズで超望遠が安価に構成できなくなる可能性があるので、一旦売却予定をストップ。
V1と10,18.5mmの単焦点レンズはしらばく防湿ケースで冬眠となりました。

2015年7月21日 (火)

3軸ブラシレスジンバル(スタビライザー)

友人から表題の3軸ブラシレスジンバルを譲り受けた。
サンコーレアモノ・ショップで売られているものと同型だが、購入先はamazonとのことだ。
定価はそこそこするが安値で頂いた。
3aginbal
この手持ちの3軸ブラシレスジンバル、GoProとiPhoneなどのスマフォを取り付けるためにステーが付属している。
早速、iPhone4sで試してみたが面白い。
手振れが完全に抑えられ、まるで映画やドラマなどのワンシーンのような動画を撮影することができる。いわゆるヌルヌル動画というやつ。
歩きながら、小走りでも多少上下動はあるものの手ぶれが押さえられている。
通常のアナログなスタビライザーなんて目じゃない。
面倒なセッティングも必要無い。
こんな簡単にいわゆるヌルヌル動画が撮れるとは。
iPhone4sの動画撮影機能だと静止画で焦点距離約33m程度、動画だとそれ以上で広角が足らない。
それとスマフォのような形状だと風の影響を受けるのであまり速い速度で移動しながらの撮影には注意が必要だ。
小型で広角に強い断然GoProが欲しくなってきた。

あとこの装置、重くは無いが片手で持っていると流石に手がしんどくなってくる。
改善要望をあげるとすれば、電源オンのままちょっと置く事も出来ないので小型の三脚が取り付けられるように三脚のネジ穴をつけて欲しい。
それとバッテリーのみの販売もして頂きたいと思う。

サンコー 3軸電子制御カメラスタビライザー ※日本語説明書付き 3AXSTA8H

より以前の記事一覧

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31