無料ブログはココログ

« AF-S VR Nikkor 70-200 f2.8な訳 | トップページ | 古くなったけど捨てるにはもったいないPCをLinuxにて再利用(Webcam編) »

2014年3月13日 (木)

Nikon1 V3 ついにあらわる

心待ちにしていたNikon1の最新機種であるV3がついに発表された。
http://www.nikon-image.com/products/camera/acil/body/nikon1_v3/index.htm
詳細はわからないが4月から販売される。
V2の性能は超えてくるだろうと予想していたが、私が思っていた以上のスペックで価格が下落するであろうV2を狙っていたのだが、俄然V3が気になってきた。
今回、V3に加えて2つのレンズがラインナップされました。
1つ目は
http://www.nikon-image.com/products/camera/acil/lens/1_nikkor_vr_10-30mmf35-56_pd-zoom.htm
それと待ちに待った望遠レンズ。
http://www.nikon-image.com/products/camera/acil/lens/1_nikkor_vr_70-300mmf45-56.htm
予想どおり価格は高く気軽に買える値段ではありませんが、サッカー撮影の歩留まりが上がることは間違いないでしょう。

さてV3に戻って私的に魅力だと思える部分は、まずAF追従秒間20枚の高速連写です。
D4とか絶対買えませんのでこの価格でこの性能はスポーツシーンを多く撮る私としては大きなアドバンテージです。AFも性能アップしているようなのでV1の現在でもピンボケ写真はほとんどないので、さらに歩留まりがあがるかも。
しかし実際秒間20枚はいらないので10枚程度にした場合の連続撮影枚数がどんなもんだかですね。ちょっと製品仕様には記載がないようです。
次に撮像素子は大幅に画素数があがり感度も上がっているようです。
撮影サンプルを見る限りでは良好と思いますが暗所ではレンズに依存する部分が大きいと思われますので実際使ってみないとなんともいえませんね、ただ自分が使用しているV1からだとだいぶ進化しているのでは、と思います。
また1839画素となっていますので画素数だけを比較した場合、CanonのEOS M2やX7、X7iとほぼ同等になっています。V1ユーザーの私からした場合、ほぼ倍になっているので違いを実感できるかもしれません。バッテリーがV1と違うのはちょっと残念ですがWi-Fiとかも地味にうれしい機能です。

問題はやはりFT1でFマウントレンズでは本来の性能が発揮できないということで、機能を生かすには新しく発売される1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6を買わないとっていう所ですかね。
両方購入すると23万強になるのでさすがに厳しい。

ちょっと欲しい気持ちはありますが様子見といった感じになりそうです。
まぁ購入するとしたらまずは新しい望遠レンズ1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6ですかね。
70-200mm f2.8はやはり重かったです。ちょっとしたカバンでは入りませんし。

Nikon1、うーん、ますます運動会最強マシンになりそう。

« AF-S VR Nikkor 70-200 f2.8な訳 | トップページ | 古くなったけど捨てるにはもったいないPCをLinuxにて再利用(Webcam編) »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211157/62929715

この記事へのトラックバック一覧です: Nikon1 V3 ついにあらわる:

« AF-S VR Nikkor 70-200 f2.8な訳 | トップページ | 古くなったけど捨てるにはもったいないPCをLinuxにて再利用(Webcam編) »

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31