無料ブログはココログ

« Fedora15にclipbucketを・パート3 | トップページ | 自宅サーバーの温度&静穏化対策(準備編) »

2011年10月17日 (月)

android端末のセキュリティ対策

PCショップをうろうろしていた所、android用のセキュリティソフトが目に入った。
メジャーなものはすでにandroidにも対応しているようだが、やはり1年更新。
唯一KINGSOFTだけ更新料金が無料だったので人柱となるべく買ってみた。
とりあえず中華パッドに入れるつもりで買った。

122ddts

マニュアルにしたがってインストールを始めたのだが、中華パッド付属のブラウザではうまく表示されないようなのでFirefoxをインストール。
念のためOperaMiniも入れておいた。

これでブラウザ問題は解決したが、インストール機器を選択するところでHTC S31HT(emobile)とAcerのIconiaTabA500しか表示されない。
計4台もっているので2台分でない。厳密には無名メーカーの中華パッド2台は表示されないのだ。
中華パッドでインストールを開始したのに、なぜか!?
とりあえずS31HTの方にして進んでみたのだが、インストールされた気配はない。
嫌な予感がしS31HTを見てみるとなんとこちらにインストールされていた(w

中華ソフトの癖に中華パッドにインストール出来ないとは・・・

S31HTで使う気にもなれず、試用期間を過ぎたら消去する予定です。

他のメジャーなセキュリティソフトも同じなのかな?

« Fedora15にclipbucketを・パート3 | トップページ | 自宅サーバーの温度&静穏化対策(準備編) »

ガジェット」カテゴリの記事

モバイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211157/53013839

この記事へのトラックバック一覧です: android端末のセキュリティ対策:

« Fedora15にclipbucketを・パート3 | トップページ | 自宅サーバーの温度&静穏化対策(準備編) »

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31